Yahoo!メールを使いこなす - 時間の無駄

時間の無駄 ホーム » スポンサー広告 » メール » Yahoo!メールを使いこなす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!メールを使いこなす




現在Yahoo!メールはベータ版のテスト中のようですから、近いうちに誰もが新しいバージョンを使えるようになるかもしれません。現行のYahoo!メールはWeb1.0仕様とでもいいますか、メーラーとしては取り立てて新鮮味があるわけではありませんから、その分易しく使いやすいとも言えます。

特徴としては、通常の容量が1GB。最近のサービスでは特に容量の大きさは目立たなくなりましたが、フリーメールとしては十分な容量と言えます。
またPOPメールやメール転送にも対応していています。ただし、この機能の難点は、有料サービスに申し込んでいないと、Yahoo!デリバーに登録しないとならないことです。Yahoo!デリバーとは、簡単に言うと広告メールの受信です。携帯からアクセス出来たり、迷惑メールが振り分けられるという点は、他社も殆ど取り組んでいますので、それほどのメリットとは言いがたいでしょう。
ただ以前までは有料会員だけしか使えなかったセーフティアドレスが、無料会員でも使えるようになったことは大きいかと思います。

今までも本ID以外のニックネームIDでのメールアドレス登録は出来たわけですが、どうしても一度アドレスが流出してまうと、次々とスパムメールがやってくるようになりますので、スパムを完全に防ぐためにはメールアドレスを変更しなければなりませんでした。

もともと最初に登録したIDをメールアドレス用のIDとして使っていた方も多いでしょう。
遥か以前には本IDでしかアドレス登録が出来ない時期もありました。しかもID検索で実在するアカウントを調べることができましたので、それにヤフーのドメインをつけたものがメールアドレスと容易にわかってしまいました。

アドレス帳に登録している、もしくは会員登録などの際に使っているアドレスが少なければ、スパムがきだしたのを確認してからアカウントの変更をしてもいいのですが、できれば余計な作業は減らしたいものです。

セーフティアドレスと言うのは、ベースネーム‐キーワード@ドメインという文字列で構成され、元々のヤフーIDとは区別されます。ですからヤフーIDからメールアドレスを推測することが出来ません。

どこかに登録あるいは送信したときには、もちろん相手にそのメールアドレスが知れるわけですが、その際に使うキーワードをそれぞれに変えておけば、どこから情報が漏れたのかがわかり、またスパムが来るようになったら、そのキーワードを含んだメールを完全に遮断することできるので便利です。

キーワードは無料版でも10個まで登録出来るので、懸賞やお買い物をするときには、それぞれ別のキーワードをつけたアドレスを使用するといいでしょう。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://timecapture.blog46.fc2.com/tb.php/8-819fa98c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。