世界三大ED薬 - 時間の無駄

時間の無駄 ホーム » スポンサー広告 » 究極の3択 » 世界三大ED薬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界三大ED薬

いまや40代~50代日本人男性の半数が悩んでいるとも言われるEDですが、現在の3大ED薬と言えば下に上げた三つだろうと思います。このうちバイアグラは発売時期も早かったことから、ED治療薬の代名詞のようになっていますね。

バイアグラ [クエン酸シルデナフィル (sildenafil citrate)] 『ウィキペディア(Wikipedia)』
副作用として血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心などがあらわれることがある。

レビトラ [バイエル薬品Homepage]
レビトラは、心筋梗塞や狭心症の治療のためによく使われる硝酸剤を服用中の患者などには禁忌です。


シアリス [タダラフィル (tadalafil)] 『ウィキペディア(Wikipedia)』
硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン等の硝酸塩系薬剤)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、併用は禁忌です。

このうち効果時間の長いシアリスは若干高めですが、バイアグラ、レビトラは一錠1,500円程度に手に入るようです。ただ偽物も出回っているようですので注意が必要です。

バイアグラレビトラシアリス
効果時間 約4時間4時間以上最大36時間
副作用・硝酸薬との併用による急激な血圧低下
・持続勃起症(プリアピズム)、)、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失
・頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまりめまい、血圧の変動、動悸、頻脈
・視覚異常、彩視症、光視症
・硝酸薬との併用による急激な血圧低下
・持続勃起症(プリアピズム)、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失
・頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり
・めまい、血圧の変動、動悸、頻脈
・視覚異常、彩視症、光視症

・偏頭痛
・消化不良、めまい、鼻水/鼻づまり、腰背痛/筋肉痛
・目痛、結膜の充血
禁忌重い心臓病や脳卒中、ひどい低血圧、管理されていない高血圧、重い肝臓病、目の網膜の病気(網膜色素変性症)重い心臓病や脳卒中、ひどい低血圧、管理されていない高血圧、重い肝臓病、重い腎臓病、目の網膜の病気(網膜色素変性症)・重い心臓病、高血圧、心筋梗塞・肝障害
・不安定狭心症

・慢性炎症
・手術後6ヶ月以内
・網膜色素変性症
併用禁忌ニトログリセリン(ニトロペン、その他)、硝酸イソソルビド(ニトロール、その他)、ニコランジル(シグマート)、ニプラジロール(ハイパジールコーワ)、アミオダロン(アンカロン)などニトログリセリン(ニトロペン、その他)、硝酸イソソルビド(ニトロール、その他)、ニコランジル(シグマート)、ニプラジロール(ハイパジールコーワ)、イトラコナゾール(イトリゾール)、抗不整脈薬(クラスIAおよびIII)、リトナビル(ノービア)、インジナビル(クリキシバン)、アタザナビル(レイアタッツ)、サキナビル(フォートベイス、インビラーゼ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ロピナビル・リトナビル(カレトラ)、ダルナビル(プリジスタ)硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)
値段(目安)1錠1,500円1錠1,500円1錠2,000円

※副作用・禁忌等に関しては医師にご確認ください。


セックスレスな男たち
中高年にバイアグラが熱狂的にもてはやされる一方、何不自由なくセックスできるはずの20代30代の若い世代のセックスレスが増えている。これは一体どういうことなのだろう?若い世代にとってほとんどの欲望がお金で満たすことが出来る時代のセックスは煩わしいことになってしまったのか?性欲を失った男たちの本音に迫る異色ルポルタージュ。【使用ビューワー】XMDF
315円

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://timecapture.blog46.fc2.com/tb.php/7-3c9d87b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。