オンラインアルバム1 - 時間の無駄

時間の無駄 ホーム » スポンサー広告 » オンラインストレージ » オンラインアルバム1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインアルバム1

オンラインアルバムとは、インターネット上に写真を保管するサービスです。ウェブアルバムとも言います。インターネット上にファイルを置く利点は、家族や友人とファイルを共有できること、外出先で別のパソコンや携帯からでも写真を閲覧出来ること、あるいは写真プリントに対応していることなど色々あります。もちろん、大事な写真のバックアップ用にも使えます。大容量のサービスは有料のことも多いですが、無料サービスでも使えるものはたくさんあります。

オンラインアルバムは、オンラインストレージサービスの一つですが、アップした写真をブラウザで閲覧出来るかどうかの違いです。アルバム機能を独立させたものや、ストレージサービス全体の容量の中からフォトサービスとして使える容量を振り分けたものなどがあります。

最近ではデジカメの性能もあがり、撮った写真のファイルサイズもだいぶ大きくなってきました。そのことで、オンラインアルバムを利用する上で考慮しなければならないことがいくつかあります。

まずは利用目的。共有を目的とするのか、あるいはバックアップ用なのか。共有を目的とした場合には、共有機能がついていることが第一条件です。スライドショー機能がついていれば一層いいかもしれません。それとフォトプリントサービス。自分でプリントして相手に送ると、それなりの負担が必要になってしまいますが、相手が必要なものだけをプリント出来れば無駄も省けます。

バックアップ用として考えるなら、何よりもファイル容量制限。オリジナルサイズの保存ができることが絶対条件です。全体の容量も大きければ大きいほど保管するのに便利です。もっとも、バックアップ目的であるならば、写真表示が出来なくてもファイルの保存さえできればいいので、選択の幅は拡がるでしょう。

実際にファイルをアップロード、あるいはダウンロードする際に考えないとならないのは伝送スピード。これは共有であろうとバックアップ用であろうと変わりませんが、伝送スピードが遅いものにはかなりのストレスを感じてしまいます。そんなところを勘案しながら、各社から出ているオンラインアルバムサービスを検討してみましょう。
オンラインアルバムサービスは、カメラメーカーやプロバイダー、ポータルサイトなど各社からサービスが提供されています。どれがいいとは一概には言えませんので、これからしばらくオンラインアルバムの比較をしていきましょう。まずはポータルサイト、Yahoo!、Google、MSNの3大ポータルサイトの中からYahoo!フォト。

Yahoo!フォト

img005466.jpg

Yahoo!のホームページから一発で行ければ便利なのですが、最初の設定では隠れています。

img005467.jpg

トップページのサービス一覧から、お気に入りに入れておけばすぐにページを表示出来るでしょう。

img005468.jpg

主な機能

最大容量 300MB(Yahoo!プレミアム、Yahoo!BB会員は2GB)
1ファイルの容量 5MB
対応ファイル JPEGファイル(.jpg、.jpe、.jpeg)
携帯対応 ◯ モバイル版Yahoo!フォト
アップロードツール 有 (InternetExplorer 6.x、7.xが必要)
プリントサービス 有
ファイル共有  可能
付帯機能  アルバム 並べ替え
保存期間 Yahoo!アカウントが存在する期間(Yahoo!フォトのみ停止する手続きは無し)
サービス提供 ヤフー株式会社

共有する場合に一つ大事なのは、共有相手が同じ写真をローカルに保存したい場合のそのダウンロードスピードです。Yahoo!フォトは、アップロード速度は比較的速めですが、ダウンロードに関しては、お世辞にも速いとは言えません。1枚1枚ダウンロードするとなると、相当なストレスになることでしょう。

Yahoo!フォトのダウンロードについては以前記事にしてありますので、かつてYahoo!フォトのダウンロードで苦労した経験のある方は、是非そちらの方も御一読を。

関連記事
→ Yahoo!フォト 簡単一括ダウンロード DownThemAll編
   Yahoo!フォトを一括ダウンロードする その1
   Yahoo!フォトを一括ダウンロードする その2

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://timecapture.blog46.fc2.com/tb.php/55-466c1d6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。