WindowsLiveが何気に使いづらい件 - 時間の無駄

時間の無駄 ホーム » スポンサー広告 » お役立ちサービス » WindowsLiveが何気に使いづらい件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsLiveが何気に使いづらい件

オンラインサービスも日々進化していて、ポータルサイトや各種無料ネットサービスにおいても、各社鎬を削っています。GoogleやYahoo!は言うに及ばず、最近ではMSNもかなりユーザーよりのサービスを展開するようになってきました。

以前紹介したことのあるWindowsSkyDriveも、容量が25GBまで増量しています。転送スピードが殆どあがっていないので、実用的かどうかという点では若干難がありますが、それでも25ギガバイトと言えば、一昔前のノートPC のHDDと同じくらいですから、バックアップスペースとして考えた時にとてもありがたいものがあります。

SkyDrive


もちろんこのサービスの狙いは、情報やデータの共有によって利用者を広げ、ポータルサイトへ呼び込むことを目的としたものでしょうから、できるだけ口コミによって仲間同士宣伝をしてもらったほうが良いに決まっています。そういう意味で、WindowsLiveは多少SNSの色合いを持ったサービスとも言えそうです。

ただ、このサービスは慣れないと意外に分りづらいサービスでもあります。よくあるのが設定を間違えたために、他人には見せたくない写真を誰にでも見れる状態で保存してしまうという失敗です。俗に言う、流出という事態は出来れば避けたいものです。

公開設定のミスは初歩的なものですが、このWindowsLiveはプロフィールに更新履歴が載ります。それも設定によって誰に公開するかを決める事が出来るのですが、設定をする前に写真をアップしたり、つながりを追加したりした場合に、その履歴が残ってしまい、設定画面から消すことができません。これで躓きました。

SkyDrive設定

最初に前の画面で設定をしておかないと、先に更新してしまった部分に関しては、ログインしてなくても見れてしまいます。

SkyDrive更新情報


WindowsLive ログアウト

「別に更新履歴など見られたってどうってことないだろう」という人はいいのですが、たとえば自分のつながり、友だちだったり同僚だったり家族だったりといったそれぞれ違うグループの人たちには隠しておきたい場合もあるだろうと思います。どのメンバーに公開するかというのは設定で決める事が出来るのですが、『誤って設定前に更新してしまった履歴をどうやって消すか』、これが説明を読んでもなかなか見つける事が出来なかったのです。

これを消すには更新情報が書いてある段落のところにカーソルを持っていって、花柄のマークを出します。

WindowsLive 削除用1

WindowsLive 削除用2

ここで既に載っている更新情報を削除することが出来るのですが、これを見つけるまでに相当時間がかかりました。一度見つけてしまえば、なんでこんなに手間取ったのだろうと思えるほどなんですが(ヘルプで検索するとちゃんと載っていますし)、泥沼に嵌ると同じところを行ったり来たりするばかりです。ひとつには設定画面から変更するのだろうという先入観もあるんですが、カーソルを持っていかないと出現しないマークというのは、知らない人にとっては非常にわかりづらいものです。

WindowsLive ヘルプ

全ては慣れと言ってしまえばそれまでなんですが、慣れるまで付き合えるかどうかという問題もありますから、その辺をもう少し素人寄りに考えて貰えたらなと思います。

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://timecapture.blog46.fc2.com/tb.php/38-1574e510

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。