Yahoo!メールからGメールへバックアップ(お引越し) 1 - 時間の無駄

時間の無駄 ホーム » スポンサー広告 » メール » Yahoo!メールからGメールへバックアップ(お引越し) 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!メールからGメールへバックアップ(お引越し) 1

Yahoo!メールだけでも1GBの容量がありますから、特に必要なければそのまま使っていてもいいのですが、Gmailを主体で使っていると、いっそのこと全部まとめてしまいたくなります。

今まで登録、もしくは他の人に教えていたアドレスを一々訂正するのが面倒だという場合には、POPとIMAPを使ってバックアップする事が出来ます。もちろん引越しも可能です。Yahoo!メールには一括転送機能がついていないので、メールを一度に転送することができません。POPで全部Gメールに移動することも可能なのですが、1万通を超えるメールを実際にやってみたところ、丸1日かかってしまいました。

これは恐らくGメール側のトラフィック制限ではないかと思うのですが、POPで受信する際に、時折200メールくらいを瞬時に行うのですが、それ以外のときは1時間に200通くらい。ほぼ15~20秒に1通の割合です。これでは今まで溜まっていたものを移動するには、ちょっと厳しいかと思います。

そこでYahoo!メールに保存してあるメールを、いったんPOPでローカル(自分のPC)にダウンロードして、それをIMAPでGメールに同期させます。

まず必要なのはYahoo!メールの設定です。Yahoo!のサイトに詳細な説明がありますので、それを見ながら設定してみましょう。なお、POPや転送機能を使用するためには、Yahoo!デリバー(広告メール配信)の登録が必要です。

Yahoo!メール側での設定
img002534.jpg

引き続きメーラー側の設定を行います。
メールソフトで利用する

img002535.jpg

私はメーラーにThunderbirdを使用しているのですが、設定自体に大した違いはありません。メーラーの設定が出来たら、あとはYahoo!メールに溜まっていたメールを一気にダウンロードするだけです。
とは言っても、数にもよりますが一瞬というわけには行きませんので、それなりの覚悟を。

ただ、この際受信するメールは、受信箱に入っているものだけです。メールをフォルダーで振り分けている場合には(大抵の人がそうだと思いますが)、いったん全部受信箱フォルダーに移動する必要があります。また、送信済みメールも受信箱に移動することができますが、一度移動すると送信済みメールフォルダーに戻すことはできません。二つになって見栄えは良くないですが、新たに送信済みメールフォルダーを作成して、そこに戻すなどするしかないと思います。

全てのメールを受信し終わったら、次にGメールへ送るための設定を行いましょう。



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://timecapture.blog46.fc2.com/tb.php/18-7a26f7d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。